Entries

URA

URA=地域主義建築家連合を4月1日に結成しました。チルチンびと最新号に宣言文と「URA結成にあたって」というコラムが掲載されています。発足メンバーは5人。左から木下治仁さん、水澤悟さん、ナカムラ、伊藤誠康さん。パソコン画面に中島祐三さん。これからは5人の技術と情報を共有し、また、お互いを刺激し感性を高めていくことで、よりよい提案が可能となると思います。今後もチルチンびとで情報を発信していきます。興味のある...

建築の居場所

先日堀部安嗣さんの「建築の居場所」という展覧会を見てきました。最終日、ギャラリーは人でごった返していましたが、いい展覧会でした。堀部さんがどんなことを考えて建築をつくっているのかが良く分かりました。だから、わたしは堀部さんの造った建築が好きなんだなぁ。。。矩計図などを見て天井高が低いのにびっくりしました。わたしも低い天井が好きですが、あの寸法で施主を納得させることはできないだろうな。写真を見ても天...

すまいは生き方

以前から思っていたこと。雑誌「チルチンびと」のサブタイトル?「すまいは生き方」ってその通りだなぁ・・・と。どんなふうに生きていくのか?それを明確にすると「いえ」のカタチがおのずと見えてくると思う。そうすると「いえ」をつくるためのにどのような道を進んだらいいかも見えてくると思う。デザインとかインテリアとか表面的な事は後からついてくるものでまずはどんなふうに生きていくのかを考えることが大事。結論まで出...

設計の話

8月になりました。酷暑お見舞い申し上げます。東京は三日連続猛暑日。ここ船橋は東京都心の融けるような暑さではありませんがやはり暑いみなさま、いかがお過ごしでしょうか。昨年末から頑張っていた安成工務店さんのモデルハウス「小倉南の家」の図面が一段落したので、忙しさを理由にすっかりご無沙汰してしまっている師匠・田中敏溥さんのところに、夏のご挨拶に行ってきました。図面と現場の写真も見てもらって、近況報告。所...

縦走

仕事のヤマをひとつ越え、ちょっと小休止。有難いことに忙しい毎日です。単にマネージメントが出来ていないだけですがそこは自営業の辛いところ。。。いくつも仕事を抱えて四苦八苦していると学生の頃の縦走合宿を思い出しました。↑これは大学3年の時の夏山合宿。北海道の大雪山を縦走しました。背負っているのはキスリング縦走(じゅうそう)尾根歩き。山系の尾根筋にある山道をたどりながらいくつかの頂上を連続してきわめる登山...

図面

師匠・田中敏溥さんの仕事を手伝っています。ひとつの家の図面が完成さて何枚書いたでしょう?では、ちょっと気分転換に旅に出てきます。・・・なーんて事はなくありがたいことに間髪いれず他の図面を書かねばなりません。はい。頑張ります。...

山が見える街

ウィズさんとコラボの仕事で厚木に行って来ました。打ち合わせ前にどしゃ降り強風の中、敷地を見せていただきましたが打ち合わせが終わる頃には雨が上がり、青空も出ていたので再度敷地を見せていただきました。雲の切れ間から山が見えてカッコいいー☆山が見える街、いいですね。愛甲石田駅からも山が見えました。少し先には秦野や渋沢など懐かしい駅名。丹沢の登山口です。学生時代は山行合宿で毎年行きました。6月の歩荷訓練。夏...

鷹の台の家

本日はウィズさんとコラボの仕事「鷹の台の家」の引渡しでした。ほぼ1年前に最初のお打合せをさせていただきました。廻りを家に囲まれた旗竿敷地。ご要望の面積を確保しつつ、気持ちのいい家族室(リビング)を提案する為2階リビングをご提案させていただきました。2階リビングに戸惑うご家族に我が家で2階リビングを体感していただき納得していただきました。第一種高度地区の高さとの戦い。周囲の建物との折り合いのつけ方。な...

難しいことは解らないが

美大出身ゆえ論文を書いたことがなく論文のことはわかりません。ましてや「細胞生物学」なんてさっぱりわかりません。が・・・今回の騒動で違和感を感じていることがあります。自分が苦労して苦労して苦労して行った研究の論文。わたしだったら出来る限り完成度高くしたいと思う。細胞生物学の歴史を愚弄していると言われても諦めず、泣き明かした夜は数知れず、今日やったら、明日やったら辞めようと思って行った研究。自分の命み...

給湯器の設定温度

節電、節エネルギー(本当はエクセルギー)をもう「やりつくした感」がありませんか?実はナカムラも・・・。ところが、まだまだありました。それは「給湯器の設定温度を下げる」こと。木曜日に宿谷先生の建築環境学のセミナーに参加してきました。そこで先生の研究室の学生の卒論を見せていただきました。●大学の食堂の給湯器に太陽熱で予熱をすると30%のガス使用量の削減になった。→これは太陽熱パネルや設備工事が必要なので我...

エクセルギーハウス

昨日はエクセルギーハウスを見学してきました。建築環境学のセミナーで出会った黒岩さんの設計です。黒岩さんは小金井市にある都の施設「雨デモ風デモハウス」の設計監修をした方です。エクセルギーハウスの特徴は雨水と太陽熱を利用して夏も冬も快適な環境をつくること。今回の見学会の家では床下に6t(1tの袋*6個)の雨水が蓄えられていました。・冬は太陽熱で暖めた温水を3個の袋の下に廻して温めます。ひとつおきに置いた...

自然を感じること

2月6日の気象庁の天気予報は関東の平野部は1月14日のような大雪になる・・・でした。2月6日に長野出張だったナカムラは長野新幹線に乗るのにJRで行くか京成電鉄で行くか、服装は?足元は?・・・とヤキモキ・・・。雪に慣れた方から見たら「???」なんでしょうねwご一緒した師匠はさすが新潟出身!わたしが「雪の予報なんですよね~」って言っても「そうなの?」って、雪の予報すら知らなかったくらい。自分がめったに雪の降ら...

ずしり。

ツイッターでこんな言葉が流れてきました。「仕事の根本は、誠実と丁寧である。このふたつを成立させるのは品格と姿勢だ。これを覚えるのに下手をすると何十年、いや一生かかる。だから仕事には揺るぎない尊厳がある」(伊集院静)ずしり。・・・と、こころに響きました。すぐに見られるようにお気に入りにして、ブログにも載せておこうと・・・。常にこの言葉がわたしの傍にあるように。な~んて、カッコつけてないで、はやく図面書...

熱機関

宿谷先生の建築環境学のセミナーを受けて来ました。今日は「熱機関として生態系を見る」宿谷先生のセミナーを受講して2年位経ちます。まだまだ十分理解できないけどポイントは解ってきた気がします。☆熱機関 (分かりやすく身近な物で)ガス(十分にある)でヤカン(十分に密閉されている)の水を沸騰させる↓蒸気でプロペラを回し動力を取り出す↓蒸気を冷やして水にする↓ポンプでヤカンに水を戻す→水を沸騰させる…↓・・・◎資源エ...

夏の快適さを考える3「対流」

9月です。今年の夏はあっという間だったなぁ。←わたしの場合。けど、暑さはしばらく続くようですね。涼しくなる前に記事UP今回は「対流」です。夏の快適さを考える上で一番重要だとナカムラは思います。例えば、どんなに強い日差しの日でも樹や建物の陰に入って、そこに風が吹くとめちゃくちゃ気持ちいいですよね。この環境を家の中につくれるといい。家の中に風を通すためにはまず、窓の配置で風の道を作ることが重要。各部屋単位...

夏の快適さを考える2「放射」

雲や風から秋の気配が感じられるようになりましたね。早く記事を書かないと夏が終わってしまう前回の記事で人間が涼しく感じるためのポイントとして下記の4項目を挙げました。①放射・・・トンネルの中に入ると涼しく感じるのは       表面温度の低いトンネルの放射を受けているから。②対流・・・風があると涼しい。③蒸発・・・汗をかいてその気化熱で皮膚の表面の温度を下げる。④伝導・・・冷たいもの(熱伝導率の高いもの)...

夏の快適さを考える1

ここ数日は過ごしやすい日が続いている船橋です。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。更新をだいぶサボってしまいました・・・・・・いや、タイトなスケジュールの仕事があって、なかなか更新できなかったんですぅぅぅ・・・と、言い訳。今も、夏休みお預けで追い込み真っ只中なんですが、更新せねばと思いまして。今年は急に暑くなった感じで、しかも仕事で頭が沸騰していたので暑くなった2日目にエアコンのスイッチ入れたナカ...

福島県相馬郡

先日の3連休、法事でオットの実家に行ってきました。オットの実家は福島県相馬郡新地町にあります。福島県の浜通りの一番北の端にある町です。いつも車で行く時は常磐道で富岡まで行き、国道6号でずっと浜通りを通って行けたのですが、今は原発事故の影響でいわきから磐越道~東北道で福島まで行き、山を越えて浜通りに出るというルートでしか行けません。JRも実家の最寄り駅の付近は不通となっているため、代行バスでしか行けま...

建築は人を変え、人を豊かにする。

先週のNHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」は手塚貴晴・由比夫妻でした。手塚夫妻はご夫婦で設計事務所をやっています。設計する住宅、幼稚園などはどれをみても大胆で潔くて、わたしは好きです。どうしたらあんな大胆な設計ができるんだろう・・・といつも思っていたのですがその理由がわかった気がします。それはふたりで設計してるから設計していると、必ず「ここはこれで大丈夫だろうか?」という場面が出てきます。一人で...

稲毛の家

師匠・田中敏溥さん設計の「稲毛の家」を見てきました。ゆったりとした敷地に建つ45坪の家。庭の緑、お向かいの家の緑を借景に取り入れた気持ちのいい家でした。さりげないけど、すっきりと見せるためのディテール。刺激になります。住宅設計者はデザイン云々ではなく、暮らし方の提案をすることが大切である。そのためには自分自身、日々の暮らしを大切にしなければ・・・と思いました。...

Powers of Ten

月に一度、建築環境学のセミナーに参加しています。講師は東京都市大学の宿谷先生。宿谷先生の建築環境学を学ぶ上で元になるのが「環境の入れ子構造」という考え方。人(人体、体内環境)・・・小宇宙の周りに建築環境・・・中宇宙があって、その周りに都市環境があって、その周りに地域環境があって、その周りに地球環境があって、その周りに宇宙・・・大宇宙がある。そんな入れ子構造の中で中宇宙の建築はどの様な環境が適切なの...

スタルクのイスに3時間

先日、京橋の旭硝子のショールームの会議室で建築の勉強会に参加してきました。その会議室がカッコよかった写真は旭硝子のHPから拝借。壁4面が色のついたガラスで床が真っ白なPタイル。天井はスケスケのエキスパンドメタルでその奥に照明器具やエアコンが納まっています。パンフレットを見てみると建築家・乾久美子さんのデザインでした。さすが!イスがなんと!建築家・フィリップ・スタルクのイスこの写真も旭硝子のHPから拝借...

宿谷塾1

昨日は建築環境学のセミナーで宿谷先生の講義を受けてきました。一昨年、宿谷先生のお話を聞く機会がありました。その時に感じたこと、感想は・・・-------------------------------------------------------------------------------------建築はカラダの外皮宿谷先生の斬新な視点と今までにない建築の見方に刺激を受けました。人間は人生の80~90%は建物の中にいるという事。建築の環境は体の一部であるという考え方。人の体は...

港南台の家 祝上棟

3月16日、ウィズハウスプランニングさんとコラボの仕事「港南台の家」が上棟しました。Tさん、おめでとうございます。今回もいい空間が出来たと思います←自分で言うのもなんですが・・・完成が楽しみですね!大工のUさん、現場監督のSさん、そしてこの現場にかかわるすべての職人さんたち、よろしくお願いします!Tさんから上棟お祝いに紅白のお饅頭を頂きました。ご主人の出身地・福井県の「御素麺屋」のお饅頭。あんこたっぷ...

オンドトリ

オンドトリです。こんな風に家の真ん中に吊るしています。下に伸びている白い線の先が温度センサーになっています。室温を30分ごとに計測してくれます。こちらは放射温度計。床、壁、天井などの表面温度を測ります。こちらは手動で計測します。外気温、室温、床温度、壁温度、天井温度、湿度を毎日計測しています。なぜこのようなことをしているのかというと、ニンゲンが快適と感じるのはどのような室内環境の時であるかを確認する...

努力が99%

服飾デザイナー、コシノヒロコさんのインタビュー記事が11日の毎日新聞夕刊に掲載されていました。その中で印象に残ったのは「いま、安さ勝負のファストファッションが流行っているけれど一方でそれを着るだけで喜びや幸せを得られる洋服の世界もある。私は後者をより高みへと導いていきたい。」また、コシノさんにとって「仕事は心棒で趣味は枝葉。趣味もプロのレベルを目指すくらいの気持ちでやらないと。肝心なのは心棒をどれだ...

手入れをするということ

先日の旅行でお世話になった青木鉱泉。築30年とは思えないほど建物がきれいに維持されていたとお伝えしましたがその時に感じたことを少し書いておこうかな・・・と。建物の隅々まで掃除が行き届いていたこと。備品類もぴかぴかに磨かれていたこと。もうそれだけで気持ちよかったのです。客をもてなそうとする気持ちが伝わってきました。30年経ってもそれが出来るのは使っている材料が無垢材だったり、自然素材だからだと思います。...

T邸上棟

ウィズハウスプランニングさんとのコラボの仕事。横浜のT邸が無事上棟しました。Tさん、おめでとうございます!基本設計をプレゼンした時、プランを気に入っていただき1/100の模型を見て「これをそのまま造っていただければ結構です!」と言っていただいたことが印象的でした。設計者としてとてもうれしかったです。ありがとうございます。棟梁のUさんに模型を見ていただいて伝えてありますから大丈夫!きっといい家になります。深...

地鎮祭

今日はウィズハウスプランニングさんとコラボの仕事、横浜のT邸の地鎮祭。【地鎮祭】建築工事などで工事を始める前に行う。その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。(wikiより抜粋)地鎮祭は好きです。土地にモノを造る許しを得る・・・って謙虚なところがいいですよね。空は真っ青!飛行機雲がくっきりと出ていました。Tさん、本日はおめでとうございます。きっといい家が出来ますよ。お母さん手...

夏のしつらえ③

緑のカーテン。もはや説明不要ですね。見た目も涼しげです。...

Appendix

プロフィール

ナカムラミナコ

Author:ナカムラミナコ
いい家をつくりたい

過去の仕事をご覧になる方は
下のカテゴリからお選びください。


【略歴】
1963年3月千葉県銚子市生まれ
多摩美術大学美術学部建築科卒
茂木建築設計事務所、
田中敏溥建築設計事務所を経て
横山設計室を設立
現在に至る
所属団体
URA地域主義建築家連合
新世代住宅設計研究会

HPもよろしく。
「横山設計室」

お問い合わせは下のメールフォームをご利用ください。


ブログランキング参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  

いつでも里親募集中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター