切妻の大屋根

ARTICLE PAGE

ハルの足2

ハルの足に腫瘍を見つけて
かかりつけ医→二次診療病院と診てもらい
腫瘍部分だけを取り除くことはできず、断脚となってしまうため
手術は受けない決断をしたのは12月1日のこと。
「ハルの足1」
ただ、腫瘍が破裂する心配が残りました。

腫瘍が破裂したらどうなるのか?
その時どうしてやればいいのか?
その心配を取り除くべく、かかりつけのS先生のところに行ってきました。

・腫瘍に傷がついたら毎日のケアが必要。
・傷ついたらすぐに病院へ連れていく。
・腫瘍に傷を付けないようにサポーター(靴下)を付けるのはいいこと。
・毎日楽しく過ごしましょう。

色々想像して、腫瘍が大きくなって破裂したら
寝たきりになってしまうんじゃないか。
それは死に直結するんじゃないか。
・・・と、心配だったので、S先生のお話をきいて安心できました。
24時間、365日無休の救急病院も教えてもらい、ひと安心できました。

S先生に靴下を褒めていただいたので
病院の帰りにニンゲンベビー用の靴下を購入。



で、早速夕方の散歩で履かせてみたら
あら!かわいい←親ばか(爆

IMG_1508_convert_20151212183828.jpg

似合うかしらっ?

IMG_1509_convert_20151212183846.jpg

室内用は白で。

IMG_1511_1_convert_20151212183913.jpg

どうっ?

IMG_1516_1_convert_20151212183927.jpg

ハル本人は元気も食欲もあり、相変わらず元気です

家で仕事をしているときは傍にいるので仕事に集中できるのだけれど、
ひとりで留守番させているときは、ちょっと心配でした。
けれど今日S先生とお話しをして、安心できました。

ハルが子犬の時から、いや、先代犬のはなの時からお世話になっているS先生。
信頼できるかかりつけ医です。
二次診療病院を紹介してもらい、
結局手術も確定検査もそこでは受けなかったけれど
結果的にはセカンドオピニオンが受けられて、納得して決断することが出来ました。
そんな信頼できるかかりつけ医がいて、ハルが羨ましいわっ。

Comments 0

Leave a reply