切妻の大屋根

ARTICLE PAGE

ハルの足3

ハルの右脚に腫瘍を見つけてから2カ月がたちました。
(これまでの経緯はこちらから→「ハルの足1」 「ハルの足2」)
元気も食欲も今まで通りあって
ハルは相変わらず元気です。



1月12日にサポータに血がついていたので
慌ててかかりつけ医の須藤先生のところへ行って診てもらいました。

・腫瘍の表面に毛細血管が集まってきているので出血しやすい。
・出血すると血がなかなか止まらなくなる。
・できれば1日2回、消毒して薬を塗る。
・人間用の生理用ナプキンが安価で手に入りやすく、
交換するときも傷口からさらっと剥がれるので利用するといい。
・今まで同様、腫瘍を傷つけないよう散歩などの時に気を付ける。

そして消毒薬と塗り薬を処方してもらいました。

しばらくは血がにじむ程度だったので消毒も薬も塗らずで過ごしていましたが
1月18日、散歩から帰って、足を洗って、室内用サポーターを履かせて、
いつものようにハルが先に1階に上がっていって、
わたしは暖炉に薪を入れたりしてから1階に上がっていくと、
サポーターが血で真っ赤、脚の下には血だまりが、、、、
わたしの血の気が引きました。。。

パニック状態に陥り、右往左往、ジタバタジタバタジタバタジタバタ、、、
それを見ていたハルは地下へ下りたがり、地下へ下りると外に出たがり、
外に出すと庭の隅まで行ってじーっとこちらを見ていました。
散歩から帰ったばかりなので、おしっこをしたいわけではないのです。
その怯えた目をみて、我に返りました。
あのG事件の時と同じです。
ハルにしてみればパニック状態のわたしが怖かったのです。

気持ちを落ち着かせ、消毒して薬を塗る処置をしました。
ハル消毒セット。
おやつは欠かせません。

IMG_1741_convert_20160123110428.jpg

あれから毎日2回、消毒して薬を塗っています。
たまたまネットで見つけたニコちゃん伸縮包帯、かわいいでしょ
けどコストの関係でこの一巻がなくなったら次はニンゲン用の地味な茶色の包帯だよ。

IMG_1749_convert_20160123110521.jpg

その上からサポータを履かせて

IMG_1752_convert_20160123110539.jpg

ハルは嫌がることなく、消毒をさせてくれるので助かります。
ま、おやつの効果であることは間違いありませんがね。。。
がっつきで良かった(爆

この先、まだまだ大変な事になるのだろうけれど。。。
パニックになってハルを不安にさせないように、
いつもハルがこころ安らかにいられるようにしたいな。

IMG_1744_convert_20160123110448.jpg

夕日を見つめるハル。
(本当はおやつくれる人を探すハル)

Comments 0

Leave a reply